ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】

drum master【初心者ドラマーの為のドラム教室】ではドラマーに必要な知識・求められるテクニック等を紹介していきます。サンプル音源を聞きながら、いろいろな練習にチャレンジしていきましょう。

ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】では相互リンクを大募集中です!→相互リンクについて




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--

ドラムとは

普通の太鼓はもちろん、スネアドラム、

シンバル類など、バンドでは欠かせない打楽器奏者。

楽器の中では最も古くからあるものの一つでしょう。

原始的な楽器がゆえに奥が深く、

生の音をどれだけ活かせられるかがポイントとなる。
(エレクトリックドラムを除く・・・。)
2006/04/06

スポンサーサイト

ドラムの歴史

ドラムセットが誕生してから約100年の歳月が経ちます。

この100年でドラムの演奏法もドラムセットの形も、

音楽の変化に合わせて成長してきました。

現在では多種多様なドラムが見られ、今も成長し続けています。
 
初めてのドラムセットはマーチングバンドから生まれました。

当時一人一つの楽器を担当していたのを、

大太鼓(バスドラム)、小太鼓(スネアドラム)、シンバルの

3つを組み合わせた簡単なものでした。

演奏法もシンプルで、バスドラを4分で踏み、

スネアはロールと2・4拍のアクセント、

シンバルにおいては現在と異なり、

2・4拍のアクセント(打った後にミュート)

を基本にしていました。
 
その後ドラムはさまざまな変化を見せます。

ビートもスネアからシンバルレガードに変化し、

ジャズ発祥時に左足でリズムを踏んでいたベイビー・ドッズが

客の提案によりハイハットの原型が生まれ、

セットもブラシ、タムの活用、リムに使用など、

どんどん成長しました。
2006/04/06

ドラマーの役割

ロックバンド内でのドラムの主な役割はリズムになります。

バンド内では最も一瞬の音(アタック音)が大きく、

バンドのテンポ、ダイナミクスにおおきな影響を持ちます。

そしてベーシストとのコンビネーションが重要です。

このコンビネーションが合うことが、バンド成長の一つの鍵となります。

できればスタジオでベーシストとコンディションを合わせる時間を取りましょう。
2006/04/06


ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】HOME
ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。