ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】

drum master【初心者ドラマーの為のドラム教室】ではドラマーに必要な知識・求められるテクニック等を紹介していきます。サンプル音源を聞きながら、いろいろな練習にチャレンジしていきましょう。

ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】では相互リンクを大募集中です!→相互リンクについて




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--

用意するもの

<必須>
・スティック
・チューニングキー

<あるといいもの>
・メトロノーム
・スネア
・フットペダル

 ドラムセットが一式用意できれば最高です。

「それは難しい」という声が聞こえてきそうですが、

ヤフーオークション等を利用すれば1,000円~50,000円くらいでが手に入ります。


住宅街で大きい音が鳴らせないという方は昔からある方法で、

雑誌をガムテープで巻いて練習台を作り、

スティッキングの練習する方法があります。

お金に余裕のある方なら、

サイレントドラムやエレクトリック・ドラムを購入するのもお勧めです。

2006/04/06

スポンサーサイト

練習をする前に

「ドラムができる」というのは、かなり特別な能力です。

そして「ドラムが上手ければバンドが成長しやすい」のです。

まずは正確に叩けるドラムを目指しましょう。
2006/04/06

練習を始める

とにかく曲を聴いて、ドラムをどう叩いてるか分析しましょう。

初めのうちは楽譜(スコア)があると便利です。

ドラムの音が聞こえるようになるまでは時間がかかりますが、

何度も聴いて理解しましょう。

あとはひたすら練習するのみです。
2006/04/06


ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。