ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】

drum master【初心者ドラマーの為のドラム教室】ではドラマーに必要な知識・求められるテクニック等を紹介していきます。サンプル音源を聞きながら、いろいろな練習にチャレンジしていきましょう。

ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】では相互リンクを大募集中です!→相互リンクについて




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--

ドラムの音について

ドラムをプレイする上で、特に難しいのがサウンド・メイキング(音作り)です。

これには経験と感覚を磨く事が重要になります。

ここではその注意点を見てみましょう。

慣れるには少し時間がかかりますが、一度感覚を磨き始めれば、

あとは時間とともに少しずつ上達していくので、

まずは音を意識することが大切です。
2006/04/06

スポンサーサイト

叩く側と、聞く側の音の違い

ドラマーの悩みの一つ、ドラマーは観客の側から自分の音を聞く事ができません。

スネアを例にとると、ドラマーにはスネアの表面の音が大きく聞こえますが、

観客からは裏側の音と混ざって聞こえ、音の進む方向も違います。

バスドラも、音は観側に向かっています。

なので、チューニングの際は他の人に叩いてもらったり

メンバーの意見を聞いたりして、自分の感覚を調整する事をお勧めします。
2006/04/06

生音と機械を通した音(PA)は違う

ライブやCD製作などをすると、

あなたのドラムをマイクで録ってミキサーでアレンジされて、

観客が聴く音が変わります。

こればかりはPAオペレーターさんのセンス次第になりますが、

PAオペレーターさんも生の音をもとに調整するので、

あなた自身のサウンドがやはり大切になります。


やはり音作りはあなたとPAオペレーターさんの共同作業となるので、

自分のほしいサウンドのイメージは持っておきましょう。

そして、少しでも多くPAの知識があると、ライブサウンドに違いが出てきます。

2006/04/06


ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。