ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】

drum master【初心者ドラマーの為のドラム教室】ではドラマーに必要な知識・求められるテクニック等を紹介していきます。サンプル音源を聞きながら、いろいろな練習にチャレンジしていきましょう。

ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】では相互リンクを大募集中です!→相互リンクについて




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--

ドラムとは

普通の太鼓はもちろん、スネアドラム、

シンバル類など、バンドでは欠かせない打楽器奏者。

楽器の中では最も古くからあるものの一つでしょう。

原始的な楽器がゆえに奥が深く、

生の音をどれだけ活かせられるかがポイントとなる。
(エレクトリックドラムを除く・・・。)
2006/04/06

スポンサーサイト

ドラムの歴史

ドラムセットが誕生してから約100年の歳月が経ちます。

この100年でドラムの演奏法もドラムセットの形も、

音楽の変化に合わせて成長してきました。

現在では多種多様なドラムが見られ、今も成長し続けています。
 
初めてのドラムセットはマーチングバンドから生まれました。

当時一人一つの楽器を担当していたのを、

大太鼓(バスドラム)、小太鼓(スネアドラム)、シンバルの

3つを組み合わせた簡単なものでした。

演奏法もシンプルで、バスドラを4分で踏み、

スネアはロールと2・4拍のアクセント、

シンバルにおいては現在と異なり、

2・4拍のアクセント(打った後にミュート)

を基本にしていました。
 
その後ドラムはさまざまな変化を見せます。

ビートもスネアからシンバルレガードに変化し、

ジャズ発祥時に左足でリズムを踏んでいたベイビー・ドッズが

客の提案によりハイハットの原型が生まれ、

セットもブラシ、タムの活用、リムに使用など、

どんどん成長しました。
2006/04/06

ドラマーの役割

ロックバンド内でのドラムの主な役割はリズムになります。

バンド内では最も一瞬の音(アタック音)が大きく、

バンドのテンポ、ダイナミクスにおおきな影響を持ちます。

そしてベーシストとのコンビネーションが重要です。

このコンビネーションが合うことが、バンド成長の一つの鍵となります。

できればスタジオでベーシストとコンディションを合わせる時間を取りましょう。
2006/04/06

ドラムセット

基本的なドラムセットの紹介をします。
・スネア
・バスドラ
・タムタム
・ハイハット
・クラッシュ・シンバル
・ライド・シンバル

ドラムセット

2006/04/06

ドラマー人口が少ない!!

バンドの中で1番人口が少ないのがドラマーです。

と、いう事は、そこそこドラムが上手くなれば、

他のバンドマンからの誘いがすぐ来るでしょう。

ドラムをやるあなたにメンバー募集なんて言葉は必要ありません。

あなたが望むバンドを選びましょう。
2006/04/06

スタジオはドラムの為!?

スタジオやライブハウスに行くとき、

ギタリストはギター、ベーシストはベースを

自分で持ち運びしますが、ドラムはスティックだけでも持っていけばよく、

ドラムセットが用意されています。

万が一忘れても、千円でスティックを買えばいいだけ。

問題はマイペダルやマイスネアを買ってしまった時・・。
2006/04/06

座っていていい♪

ライブでもスタジオでも、だいたいヴォーカルやギターは立っていますが、

ちょっと見るとなんとドラマーは座ってるではないですか!?

そう、ドラムにだけイスが用意されているのです!

これ実は相当ラクなんです♪
2006/04/06

適当でもどうにかなる!・・・・かも

ドラムというものには音程がありません。

ある程度上達して同じようなジャンルの曲をやる場合は、

曲の構成とリズムパターンさえ分かってしまえば

叩けてしまうのです。o(δ▽δo)。

しかもカンニングペーパーをバスドラの上に置けるので楽チンです。

しかし、ライブに間に合わないといって

カンニングペーパーを用意しても照明が暗くて見えない事があるので、

ライブまでにはやる曲はしっかり把握しましょう!(実体験)
2006/04/06

目立ちにくい

バンドをやって、アンケートをとると分かると思いますが、

お客さんから見えにくく、動けない為アピールもしづらいのです。

目立ちたくないという方ならいいのですが・・・。

もし存在感を出したいのなら、自分なりに動きをだして行きましょう。

例えば、椅子の上に立つとか・・
2006/04/06

印税が入らない!?

CDセールスによってバンドにお金が支払われますが、

作詞者・作曲者にはさらに印税なるものが支払われます。

しかしドラマーが曲を作ることはどちらかというと

まれだと思われます。

プロを目指すなら、バンドのメンバーとはお金の話し合いをしておく事が、

トラブルにならない秘策といえるでしょう。
2006/04/06

練習しづらい!

ドラムはなかなか自宅で大きな音で練習できるものではありません。

人によっては通報されたりと、トラブルになってしまう場合もあります。

確かに上手なドラマーは、生のドラムを心おきなく叩ける環境が

整っていた事が多いと感じます。

しかしコツコツ練習して上達した人がいるのも事実。

練習用サイレントドラムなどを利用して、我慢しましょう!
2006/04/06

用意するもの

<必須>
・スティック
・チューニングキー

<あるといいもの>
・メトロノーム
・スネア
・フットペダル

 ドラムセットが一式用意できれば最高です。

「それは難しい」という声が聞こえてきそうですが、

ヤフーオークション等を利用すれば1,000円~50,000円くらいでが手に入ります。


住宅街で大きい音が鳴らせないという方は昔からある方法で、

雑誌をガムテープで巻いて練習台を作り、

スティッキングの練習する方法があります。

お金に余裕のある方なら、

サイレントドラムやエレクトリック・ドラムを購入するのもお勧めです。

2006/04/06

練習をする前に

「ドラムができる」というのは、かなり特別な能力です。

そして「ドラムが上手ければバンドが成長しやすい」のです。

まずは正確に叩けるドラムを目指しましょう。
2006/04/06

練習を始める

とにかく曲を聴いて、ドラムをどう叩いてるか分析しましょう。

初めのうちは楽譜(スコア)があると便利です。

ドラムの音が聞こえるようになるまでは時間がかかりますが、

何度も聴いて理解しましょう。

あとはひたすら練習するのみです。
2006/04/06

ドラムの音について

ドラムをプレイする上で、特に難しいのがサウンド・メイキング(音作り)です。

これには経験と感覚を磨く事が重要になります。

ここではその注意点を見てみましょう。

慣れるには少し時間がかかりますが、一度感覚を磨き始めれば、

あとは時間とともに少しずつ上達していくので、

まずは音を意識することが大切です。
2006/04/06

チューニングの基本(スネアのチューニング)

スネアのチューニングを学びましょう。

まずはヘッド全体も張りを均等にする事から始めましょう。

チューニングをする際は、チューニングキー(写真)を使用します。

チューニングをやり直す時は、まず全体のボルトを緩めます。

それからボルトを対角線ごとに少しずつ締めていきます。

ある程度締まったら、ヘッドの中心を押して緩みをなくしましょう。

チューニング

2006/04/06

叩く側と、聞く側の音の違い

ドラマーの悩みの一つ、ドラマーは観客の側から自分の音を聞く事ができません。

スネアを例にとると、ドラマーにはスネアの表面の音が大きく聞こえますが、

観客からは裏側の音と混ざって聞こえ、音の進む方向も違います。

バスドラも、音は観側に向かっています。

なので、チューニングの際は他の人に叩いてもらったり

メンバーの意見を聞いたりして、自分の感覚を調整する事をお勧めします。
2006/04/06

生音と機械を通した音(PA)は違う

ライブやCD製作などをすると、

あなたのドラムをマイクで録ってミキサーでアレンジされて、

観客が聴く音が変わります。

こればかりはPAオペレーターさんのセンス次第になりますが、

PAオペレーターさんも生の音をもとに調整するので、

あなた自身のサウンドがやはり大切になります。


やはり音作りはあなたとPAオペレーターさんの共同作業となるので、

自分のほしいサウンドのイメージは持っておきましょう。

そして、少しでも多くPAの知識があると、ライブサウンドに違いが出てきます。

2006/04/06

気持ちいいリズムはベースギターとバスドラで

耳で聞くのは音、リズムを感じる時はその音圧です。

家でCDを聴くのとライブでのサウンドとでは、

その違いを体で感じる事ができます。

その違いは全て「低音による音圧」の違いにあります。

さて、その「体感できる音圧」のカギを握るのはベーシストとドラマーです。

いろいろな音楽を聴くと、ベースとドラムのリズムが

うまくリンクしている事に気づくと思います。

バスドラとベースを同時にアクセントをつける事で、気持ちのいいグルーヴが生まれます。

全て同じリズムにする必要はありませんが、

シンコペーションなどのキメでは意識して叩きましょう。



バスドラムの重要性が理解できたところで、

あなたはフットワークの重要性に気づいたことでしょう。

ロックドラマーに多いのが、ヒール・アップによるベタ踏み。
(「ドッ」というアクセント音)

ここでヒール・ダウンによる奏法
(「ドーン」という余韻が特徴)

にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

サウンドに違いがでて、ワンランクアップしたサウンドを作り出すことができるでしょう。
2006/04/07

タイコの音程

全てのものには音程があり、

それはドラムでも変わりはありません。

みなさんご存知の通り、ティンパニーには音程を調節する機能が備わっているのです。

しかしドラムセットでは、複数の音程が同時に出てしまい、

なかなか音程が分かりにくいのです。

しかしバスドラに比べてタムタムの音程は比較的分かりやすいものです。

それはタムタムは人の耳で音程を確認しやすい波長が多く含まれているからです。

一度、音程を意識してチューニングをしてみてはいかがでしょうか?

2006/04/07

楽譜の読み方

代表的な表記法を紹介します。

(※現在、ドラム譜の読み方に正式な表記法はありません。)

スコア



ドラムセット


スネア(Rim) : スネア (リムショット)
タムタム1~3 : タムタム(小さい順)
クラッシュ  :  クラッシュ・シンバル
ライド   :  ライドシンバル
スプラッシュ等 : スプラッシュシンバル など
2006/04/07

まずはドラムに慣れよう

ドラムは体で覚えましょう。

ドラムを叩く感触、生のドラムサウンド、

音のバランスを考えて練習しましょう。

そして自分の演奏を録音し、客観的に感じることも大切です。
2006/04/07

リズムキープを徹底しよう

これができなければドラマーじゃないと言われるくらいです。

他の誰よりもリズムにこだわりましょう。
2006/04/07

コピーをしよう ~センスを磨く~

自分の好きな曲や、世間でいいといわれている曲を

どんどんコピーしていきましょう。

そして耳コピができるようになったらしめたもの。

いろいろな曲を聴き、頭の中で同じ様に演奏し、

どんどん吸収していきましょう。
2006/04/07

自分流にアレンジをしよう

バンドで曲をコピーをするとき、

「この曲をどう叩けば、さらにかっこよくなるか」

考えながら叩いてみましょう。

そうする事によってあなたのセンスがアップしていきます。
2006/04/07

ライブをしよう

スタジオや練習で自分なりによくできたと思っても、

ライブをする事で大きなショックを受ける事でしょう。

ライブはスタジオや練習とは違い、一回の演奏で全てが決まります。

しかもお客さんが見ている中での演奏はなかなか思ったようにはいきません。

「ライブ慣れ」はバンドマンにとって強力な武器です。

 
そして人前に出ることによって自分のドラムのレベルが分かると同時に、

他のバンドのセンスと自分のセンスの違いに敏感になります。

そうすることで自分のドラムスタイルを知り、

成長へとつながるでしょう。
2006/04/07

機材を選ぼう

フットペダルやハイハットスタンドの良し悪しで、

演奏のしやすさが変わってきます。

そしてスティックの重さ・形によって音、

演奏しやすさが変わってくるので、

機材は自分の演奏スタイルに合ったものを選びましょう。
2006/04/07

基本をマスターしよう

ある程度ドラムを叩けるようになると、

同じフレーズを叩いていても上手な人と下手な人の間には差が出てきます。

「その違いは何でしょうか?」 

それは徹底した基礎トレーニングにあります。

リズム感・音のバランス・滑らかさなどは徹底した練習から生まれます。

それはドラマーにとってどんな難しい技術を学ぶより大切なものなのです。
2006/04/07

これからドラムを始める方へ

時代と共に変わる音楽、そしてドラムも変化してきました。

約100年前にドラムセットができ、音も形も変化してきました。
 
ここで少し考えてみましょう。

今ではドラムのビートはコンピュータが正確に刻んでくれます。

産業音楽には生ドラムにさえデジタルサウンドの手が入ります。
 
これから必要とされるドラマーとはどのようなものでしょうか?
2006/04/07

自分の個性を磨こう

基本に忠実なドラムを叩けるのはもちろん、

自分の得意分野を1つ持ちましょう。

<テクニック面>
・パーカッションを取り入れる
・エレドラを取り入れる。
・ツインペダル・ツーバスを駆使する。

<ヴィジュアル面>
・他人と違う叩き方でパフォーマンス!
・ドラムセットを自分なりに改造!
2006/04/07


ドラムマスター【初心者の為のdrum教室】HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。